ライブラリー リエバナ 6月の展示

ライブラリー リエバナの6月の展示のお知らせです。

6月度展示

6月は12世紀から13世紀に制作された写本を中心に紹介したいと思います。

①ライランズ(マンチェスター)写本  1175年頃制作 縦454 横326 の大型写本

248葉に110点の挿絵が描かれている。

②ラス ウェルガス写本 1220年9月に制作

縦530 横340とベアトゥス写本群で最大の写本

184葉に112点の挿絵が描かれている。

③アローヨ写本  13世紀前半に制作?

縦440 横305とライランズ写本とほぼ同じ大型写本

167葉に69点の挿絵が金銀をふんだんに使った豪華な彩色で描かれている。

④ロルバオ(リスボン)写本 1189年に制作

縦345 横245 の中型写本

219葉に66点の挿絵が描かれている。黄色とオレンジ色の発光顔料のような彩色画が特徴。

⑤ベルリン写本  12世紀に中部イタリアで制作された

縦302 横190 の比較的小型の写本

98葉に55点の線描画を主体の挿絵が描かれている。着色はほとんどされていない。

このほかに 一番小さな写本であるコルシーニ写本と最初期に制作されたマドリード写本(Vit.14-1)も併せて展示します。

 

興味のある方はぜひお越しください。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です