ライブラリー リエバナ にようこそ。

中世スペインに、いくつもの写本が作られたことで有名な「リエバナのベアトゥスの黙示録註解書」(Commentary on the Apocalypse by Beatus of Liebana)があります。
いくつかの写本には当時の写本には珍しく写字生や挿画者の署名が残されていて、だれがいつ製作したということがわかります。
10世紀から13世紀にかけてつくられた写本が多く、当時のイスラム支配からレコンキスタの時代を反映したモサラベ様式からロマネスク様式の挿絵で有名です。

まだ内容は不十分ですが、ベアトゥスの写本を中心に中世の写本文化の一部を紹介したいと思います。

21年4月4日(日)に、ファクシミリや写本を見てもらえるライブラリーをOpenしました。併せて、オリジナルの写本(零葉品)やベアトゥスのポストカードなどを販売するスペースも準備しています。年内は日曜日のみの開館の予定です。
名前は、Beatusが修道士として過ごした修道院の地名にちなんで、(おこがましいですが)「ライブラリー リエバナ」としました。

詳しくはお知らせで随時ご報告していきます。
場所は豊田市駅近くのVITS豊田タウン地下1階の市民ギャラリーの入り口前です。(開館日と場所は営業日とアクセスページを参照ください)

新型コロナの再拡大が懸念されているなか、なかなか遠くからのご来館がむつかしい状況ですが、注意を払っていきたいと思いますので、彩色写本にご興味のある方はもちろんカリグラフィーや製本に関心のある方も是非お越しください。
(2021年4月12日)

4月・5月の営業日】 毎週日曜日  11:00~17:30

4月4日(日)、11日(日)、18日(日)、25日(日)

5月1日(土)、2日(日)、3日(月)、9日(日)、16日(日)、23日(日)、30日(日)

5月1日と3日は特別に開館します。

Translate »
PAGE TOP
MENU