西洋中世の彩色写本展【第2回】を行います

先月に引き続き今週末に2回目の写本展を行います。
【場所】MAMATOCO(ママトコ)レンタルルーム
【日時】
2月22日(土) 11:00~17:00
2月23日(日)11:00~16:00
(無料です)

先回は10~11世紀のBeatus黙示録註解書写本を中心に展示しましたが、今回はそれ以降の写本を中心に展示します。
少し紹介します。
⑩コルシーニ写本  Beatus写本の中で一番小さい写本です。

⑪ベルリン写本  挿絵は線描画に淡彩の彩色です。

⑫リスボン写本  挿絵が蛍光色風の着色です。

⑬ナバーラ写本  人物の描き方が漫画チックです

⑭ファクンドス写本  今回の展示はは縮小版のファクシミリです。挿絵が「薔薇の名前」の小説本の表紙に使用されています

⑮シロス写本  いろいろなところに書かれている本文とあまり関係のなさそうな挿絵が面白いです

⑯ライランズ(マンチェスタ)写本  1葉の欠けもなく完全な形で残っている希少な写本

⑰ラス・ウェルガス写本  Beatus写本の中で一番大きな写本です

⑱アローヨ写本  金銀の彩色で飾られた豪華な写本です。

 

スペースの関係で限られますが、先回展示したファクシミリ本も一部展示したいと思います。手に取って写本の重みや再現された羊皮紙の手触りを楽しんでください。
ご興味のある方は是非ご来場ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です