ライランズ(マンチェスター)写本

 

ベアトゥス写本のRylanels codex (Manchester codex)を買ってしまいました。今回は1週間ほどで着きました。パッキングは結構しっかりしていますが、ファクシミリの上に直接発泡スチロールがまかれており、細かい屑が結構ついた状態。スペイン人のおおらかさ?まあ本体に傷がつくような状態ではないので、配慮をしているといえばそうですが。

 

モーガン写本よりも大型(454mm×326mm)の写本で、12世紀後半(1175年頃)に書かれました。ファクシミリは羊皮紙のシワも再現したもので、モーガン写本やエスコリアル写本よりも薄手の用紙で製作されています。Headbandは革ひもを芯にして編んだものでした。

詳しくはまた後日記載したいと思います。

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です